07-07 掖上2013-07-07


奈良の掖上。
---------------------
自然写真家の伊藤ふくおさんと歩く観察会「ふくおと歩く」に参加すべく
車を借りて掖上へ向かう。
いろいろと思い込みで失敗し,40分も遅刻したため合流できず。
まずETCのカードリーダーを見つけられなかった。
(カーナビの後ろにあるのを車を返す時に見つけた。)
道も何度もまちがえた。ひとりで行ってほんとによかった。

仕方なくひとりで散策することにした。
田んぼの横を通り,国見神社へ。木立に入ると途端にとても涼しくなった。
苔があったり,ハチがたくさん飛んでいたり,カナヘビがいたりで,
境内の周辺でのんびりした。

そのうち観察会らしき人々が来られたので,行ってみたらはたしてそうだった!
植物園ファンクラブのNさんが来られていた。
Nさんからはおにぎりを分けていただき,しばらく休憩したあと,
またまた境内周辺の散策。詳しい人がいると同じところでもぜんぜん違って見えてくる。

剪定した木を置いてあるところにも虫がたくさんいる。
珍しいヒナカマキリの幼虫。
ヤドリギバチというタマムシの幼虫に卵を産むハチ。
大きなイシノミ。
クヌギの大木からは樹液がたくさん出ていて,カナブンやスズメバチや
オオムラサキほかたくさんのコバエも来ていた。タマムシも!

帰りもETCがないと思い込んでいたために,もう少し観察される方々と別れ
途中で帰った。また道を間違えたがなんとか無事帰宅できた。

掖上駅のトイレは,ぽっとん便所だった。
---------------------
74 pc(s) by Nikon COOLPIX S10
アカタテハ産卵(2), アジサイ,ツバメ(2), ヒヨドリ,掖上駅(2), アジサイ(2),
カタツムリ,カンナ(2), ガ(2), 田園,ツバメ,水中の生き物脱皮中,ツバメ,
もみがらにスギナ,ホオジロ,ガの繭,国見神社,苔,ハチ,カナヘビ,木,
ムササビの糞,ムササビの木,イチイの大木(2), 綿毛,フウラン,ハチ(2),
ヒナカマキリ,菌,キノコ,シダ(2), ハートのお尻のカミキリ,きれいなハエ,
虫を観る人々,クモ,アリ,クヌギに集まる虫,ヒロズコガ幼虫(2),ゾウムシ,
ニホントカゲ,木,タマムシ,ツバメ(3), ヘビ(5), 掖上の風景(3), 彩雲(2),
私市駅の丸い影,電車(2), ツバメ巣

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://miino.asablo.jp/blog/2013/07/07/6893934/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。