10-12 ノビタキ観察会2014-10-12

<IMG SRC="1012maturi.jpg" width="563" height="422">

天田の宮にて
境内を太鼓と鐘を打ち鳴らしながら,かなりのスピードで
横に行ったり来たりを繰り返していた。
---------------------
午前中,交野野鳥の会のノビタキ観察。星田駅から出発。
ノビタキは最初,田んぼの遠くで観察されたが,見つけられなかった。
チョウゲンボウのホバリングも見た!
オオタカ,エゾサメビタキ,コサメビタキ,アトリも!
会員さんたちは,どうやって鳥を見つけるのだか不思議でしかたがないが,
言われるところを見ると鳥がいる。

地味なカメムシ目のハゴロモは,アミガサハゴロモでした。

昼前には天の川で解散し,国道沿いのかつ辰にて昼ごはん。
途中,消防署の訓練やメンガタスズメの巨大幼虫を見たりする。

昼ごはん後は,そのまま父の見舞いへ。
お尻のほっぺた両方に褥瘡(床ずれ)が出来始めていたらしく,
先日ガーゼをあてて処置がされていたそう。
父は入院中にもかかとに褥瘡ができていたので,注意していないと
すぐなるようだ。自分で動けないわけでもないのに,
こういうことになるということは,日中大半をベッドで過ごしているからだと思う。

様子をきくと,集団プログラムにはまったく参加しておらず,
食事とおやつ時のみフロアに出ているらしい。
理由をきくと,自分が一番若いからという。ほかは年上ばかりと言っている。
とにかく気がすすまなくてもプログラムには参加して,
1日1回,自分で決めた歩行訓練をするように声かけした。
今度行ったら職員さんにもお願いしておこう。
---------------------
23 pc(s) by OLYMPUS PEN E-P3
秋の田んぼ(2), コサメビタキ,天の川,スイフヨウ(2), 西洋アサガオ(4),
コガモ,アトリ,ダイサギ,花のホトトギス(2), クロメンガタスズメ幼虫(2),
メンガタスズメ幼虫, 秋祭り(5)